フードデザイナー・堀川 藍さん「好きなことを続けたら“仕事”になる」【同世代の輝く女性クリエイター】

download - フードデザイナー・堀川 藍さん「好きなことを続けたら“仕事”になる」【同世代の輝く女性クリエイター】 最新情報
“食”を通じて自分を表現する多くの企業で副業が認められるようになり、多様な働き方が選べる時代になってた昨今。with読者でもすでに副業を行っている方や、興味がある! という方は少なくないはず。そこで、会社員をしながら、“好きなこと”を発信している先輩クリエイターにお話を伺いました。第6回は、ロサンゼルス発のライフスタイルメディア「テイストメイドジャパン」のクリエイティブデザイナーを務める傍ら、自身もフードデザイナーとして活動する堀川 藍さんにお話を伺いました。堀川 藍さんレシピ考案からスタイリング、撮影までこなすフードデザイナー兼「テイストメイド ジャパン」のクリエイティブディレクター。インスタグラムで紹介する、フォトジェニックで唯一無二のスイーツは芸術の域。インスタグラムのフォロワー数は2.8万人(2020年8月現在)。宝石のようにまばゆいスイーツたち堀川さんのインスタグラム(@ai_mogmog)を覗くと、目に飛び込んでくるのは、宝石のように美しいスイーツたち。堀川さんのプロデュースするスイーツは、そのスタイリングだけでなく、スイーツ自体の高いデザイン性が特徴です。これまでに一番多く回数を作っているというシフォンケーキは、ついにアニマル柄へとアップグレード。ヒョウ柄はプレーン、キリン柄はココア、ゼブラ柄は卵白のみの生地だそう。また、各写真には、手描きのイラストが添えられているのもポイント。それぞれの動物の足跡なんて可愛いアイディアです。adこちらはツイッター(@ai_mogmog)でも話題をさらった、オレオを使用したその名も「オレオアート」。通常時サンドされているオレオを2つに分けたら、クリームが付いている方に爪楊枝を使って絵を描くだけ、だとか。堀川さんが話すと簡単そうに聞こえますが、こんなリアルで愛らしい動物の絵、なかなか真似できません。スイーツそのものの美しさはもちろんですが、スタイリングのセンスにも脱帽です。堀川さんは、レシピ考案、スイーツ制作、スタイリング、撮影、編集、イラストまですベてひとりで行っています。それこそが自身を“フードデザイナー”と呼ぶ所以だと言います。聞いたことがあるようでない言葉「フードデザイナー」について伺うと。「自分で付けた肩書きです。もともとはフードスタイリストと名乗っていたんですが、私の中では美味しくつくることは前提として、より食べ物自体にもデザイン性を持たせたいのと、美しくコーディネートして写真を撮るところまでが自分のクリエイティブだと思っていて。学生時代は美大でグラフィックデザインの勉強もしていたこともあり、“フードデザイナー”と名乗らせていただいています」ad1オン&オフラインで料理教室を開催インスタグラムの告知で集まった方を対象に料理教室も開催。外出自粛要請が出てからは、オンラインで開催しています。「お料理教室はほとんど趣味のようなものなのですが、昨年はひと月に2回くらいやっていました。外出自粛要請が出る前は、バレンタインやクリスマスなどのイベント時に開催することが多かったのですが、自粛期間中に時間が余るという方が多かったので、普通の日にオンラインで開催してみました。オンラインだと地方在住の方も参加できるし、皆さんそれぞれご自宅に冷蔵庫やオーブンがあるので、やれることが多くなってすごく面白かったです」と言います。こちらの2種類のケーキは、ゴールデンウィーク期間中に開催したオンラインのワークショップで、デモンストレーションしながら作ったものだそう。オンラインだからこそできることが増えていきそうです。ad本業であるクリエイティブディレクターの仕事堀川さんは普段、レシピ動画などで有名なロサンゼルス発のライフスタイルメディア「Tastemade Japan(テイストメイド ジャパン)」でクリエイティブディレクターを務めています。YouTube・Instagram・Twitter・Facebook美大でグラフィックデザインを学んだ後、新卒でテイストメイド ジャパンに入社。当時はまだ会社になっていない立ち上げ段階だったそう。現在は、YouTubeをはじめ、インスタグラム、ツイッター、フェイスブックなどの7プラットフォームでレシピ動画を展開し、合わせて600万フォロワー以上のメディアに成長しています。ad1“食べ物だけでこんな世界観が作れるんだって驚いた”幼少期から、ご両親の仕事の関係で海外で過ごすことが多かった堀川さん。中学卒業後に帰国し、都内の高校へ進学。美術が好きだったので、大学は美大を選び、グラフィックデザインを専攻しました。その大学で友人に教えてもらったのが「インスタグラム」だったそう。美大時代にデザインしたブックカバー美大時代のイラスト作品「大学の友人から教えてもらったインスタグラ

リンク元

Comments

Copied title and URL